函館盲学校 行事の様子 本文へジャンプ
盲学校の行事

盲学校には、たくさんの行事があります。
児童生徒の活躍の様子を、ぜひご覧ください。

11月28日 Athlete Talk Concert 

 地域の方々や小学校、特別支援学校の児童生徒の皆さんをお招きして、盛大なイベントが行われました。リオデジャネイロパラリンピックで4個のメダルを獲得した全盲の水泳選手木村敬一さんの講演や、弦楽四重奏団「クァルテット・エクセルシオ」のクラッシック演奏を通して、本物のスポーツや芸術に触れることができました。

 

11月22日 食を学ぼう 
 今年は吉田食品の代表取締役社長吉田貴之さんを講師に、和菓子作りを行いました。作ったのは蒸しまんじゅう2種類と紅葉の形の練り切りです。蒸しまんじゅう作りでは、餡を包むのに苦労していた子ども達も2個目は余裕の表情で上手に作っていました。また、練り切りでは2色の餡を合わせて練り、三角形の棒を使って形を整えるのが難しかったという声が多くありました。
 完成した和菓子は児童生徒全員、笑顔で食べていました。
 写真左上は練り切りのお手本を作成する吉田さん、右上はまんじゅう生地で餡を包む生徒、下は完成品です。
 

11月11日 学習発表会
〜さあ いくぞ みんなが主役だ 晴れ舞台 これがわれらの集大成!〜

今年は小学部・中学部合同の本格的ミュージカル『函館盲学校 オリジナルCATS』を行いました。歌あり、ダンスあり、笑いあり、涙ありの50分間の超大作。観客のみなさんからたくさんの拍手をもらいました。

 この他にも、はじめの言葉・私の主張・中学部発表「職業体験・見学旅行」・全校音楽・終わりの言葉と、それまでの練習の成果を十分に発揮することができました。そして、迫力のある合唱を聴かせてくれた五稜郭中学校、楽しい朗読劇を演じてくださった朗読奉仕会「そよかぜ」、来校してくださった保護者や地域の皆様、ありがとうございました。


10月21日 学校公開
 本校の教育活動を地域や関係の方々に知っていただく機会として、学校公開を開催しました。保護者や地域の方々、大学生・他校の教職員の方々など40名ほど来校され、小学部・中学部それぞれの授業や校内の施設を見ていただきました。例年、好評をいただいている弱視レンズや遮光メガネ、拡大読書器の展示コーナーでは、富士メガネ、東海光学、インサイトによる製品の展示に加え、紹介・説明もしていただきました。また、株式会社FMいるかのパーソナリティである山形敦子さんによる『言葉の力』についての講演会も行われ、地域の方からは「来校してよかった」とのたくさんのお言葉をいただきました。次年度もさらに内容を充実させ、多くの方々に函館盲学校の魅力を知っていただきたいと思います。  

10月20日 地域の小さな応援団
 地域の小学6年の方が、本校のことについて夏休みの自由研究で取り上げてくれました。来校した際には、取材メモをたくさん用意するなど、研究に対する意気込みが熱く伝わってきました。
 この日は、完成した模造紙3枚もの大作を、盲学校に届けていただきました。記載されている文章や構成が、とても素晴らしいものでしたので、本校のことを紹介する貴重な資料としてお借りし、学校公開や学習発表会で掲示し、紹介させていただきました。下のリンクから右画像のPDFをご覧いただけます。
地域の小さな応援団(PDF)
 

10月4〜6日 中学部3年生見学旅行 

10月4日から2泊3日の日程で新幹線に乗って仙台へ行ってきました。1日目は仙台うみの杜水族館でサメに触ったり、イルカショーを見たりしました。2日目は日本三景の一つである松島へ。五大堂からの景色を堪能したり、伊達政宗歴史館では政宗の復元した声を聞いたり、笹かまの手焼きにも挑戦してきました。3日目は、るーぷるバスに乗り、運転手さんが説明してくれる仙台の街や歴史についての話を聞きながら仙台市内巡りをし、政宗のお墓である瑞鳳殿や仙台城跡を見てきました。仙台の自然や歴史、食文化にたくさん触れ、いろいろな経験を通し、また一つ大きく成長して帰ってくることができました。

 

9月21〜22日  中学部1・2年生宿泊研修
 中学部1・2年生の宿泊研修では、大沼・七飯方面に行きました。写真立てづくり、自然観察、そば打ち、大沼公園散策、プールなど、盛りだくさんの内容でした。
 自然観察中にヘビを見たり、そば打ちでは手を洗うときに石けんを使ってはいけないと言われて驚いたりと、新たな発見がたくさんありました。

9月7〜8日 北海道盲学校文化体育活動発表大会
 「第50回」という節目の大会が、ここ函館で行われました。1日目は、千代台公園陸上競技場で体育活動、青年センターにて50回記念セレモニーの音楽コンサートが行われました。2日目は本校を会場に点字・珠算・私の主張の文化活動と、田家コミュニティセンターで交歓会を行いました。
 あっという間の2日間でしたが、結果に満足したり記録に悔しがったりと、皆それぞれに自分をふり返っていたようです。しかし、この大会に向けて努力してきたプロセスは、自分自身に強さ、勇気そして大きな自信となったことでしょう。
 写真は50回記念大会セレモニーの記念品披露と100m走フィニッシュの様子です。

7月26日 一学期終業式
 一学期終業式でした。式では、3人の児童・生徒が一学期の思い出発表を行いました。できることが増えたこと、楽しかった行事のこと、それぞれの一学期をふり返りました。
 写真は、思い出発表をしている中1の男子です。
 みなさん、良い夏休みをお過ごしください。

6月27日 芸術ワークショップ
 吉本興業所属の画家であるSatomi Kikuchiさんによる芸術ワークショップを行いました。
 熱を加えるとふくらむペンを使ってTシャツに絵を描いて、世界に一枚だけのTシャツを制作しました。
 型紙を利用して描いたり、手形をつけたり、中には型紙から自作して描いた生徒もいました。
 写真は、自分の名前をSatomiさんに「かわいく」描いてもらっているところです。

6月19日 囲碁贈呈式
 日本視覚障害者囲碁協会より、視覚障害者用囲碁セットの寄贈を受けました。協会の代表理事である柿島光晴氏が来校され、寄贈式と囲碁教室を行って下さいました。
 写真は、寄贈された囲碁セットを使って、実際に碁石を並べているところです。
 北海道新聞道南地域折り込み版「みなみ風」PDF

6月10日 運動会
 残念ながら雨のため、体育館での実施となりました。
 「固い絆で勝利をつかめ」のテーマのもと、児童生徒チーム「モーニンググローリー」VS教職員チーム「ウィンターコスモス」の熱戦が繰り広げられました。
 教職員チームも「負けてなるものか!」と本気の勝負になりましたが力及ばず、優勝は「モーニンググローリー」でした。おめでとうございます。
 写真は、最終種目のボール運びリレーの様子です。落とさないように慎重に引っ張っています。

5月22日 全校集会 健康タイム
 毎月の全校集会では、養護教諭による健康タイムがあります。
 自分自身の生活を振り返ったり、「そうだったのか!」と新しい知識を得たりすることができるので、児童生徒に大人気のコーナーです。今回は「歯を溶かしやすい飲み物」についてです。写真は、ジュースやコーヒーを手に、歯を溶かしやすい順番を考えている様子です。
5月22日健康タイム(PDF)

5月19日 春の遠足
 今年は道南四季の杜公園に行ってきました。
 天候にも恵まれ、午前は学部ごとの活動(小学部はアスレチック遊び、中学部は自然観察)を行い、午後からは全校鬼ごっこを行いました。
 写真は、自然観察出発前の様子です。みんな白杖を持って準備万端ですね。

4月10日 着任式・始業式・入学式
 今年度は小学部1名、中学部2名が入学し、教職員も新たに6名が加わりました。
 新入生の3人は、ちょっと緊張しつつも、新しい生活にワクワク顔です。児童生徒の代表は「みなさんが入学するのをとても楽しみにしていました」と、歓迎の挨拶をしました。
 写真は、自己紹介をする中学部新入生です。みなさん、よろしくお願いします。